• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen. PRC.

2014年は工業ロボットの大応用のターニングポイントである。つまり労働力過剰から不足へのターニングポイントでもある。農村の豊かな労働力が非農産業への移動によってロボットの需要量も多くふえるそうだ。***のロボット会社はだんだん中国に生産基地を設立し、国内会社はだんだんロボット産業へ揃えてみんな中国工業ロボットの領域で利益を得るように頑張っている。
AGV工業ロボットの応用は支柱産業の発展を促した。いろんな産業でAGV工業ロボットの密度は違う。国際経験から見ると、AGV工業ロボットの応用が一番多いのは自動車産業で次は電器電子産業である。例えば日本の自動車産業のAGV工業ロボットの密度は1584台/万人で世界で一番高い。次はイタリアとアメリカの自動車産業で密度は1215台/万人と1176台/万人だ。自動車産業と電器電子産業は中国の支柱産業である。
今、中国の生産額は年平均成長率の14.5%のスピードで成長している。国で自動化生産に対する要求もますます迫って来る。125計画の中には明確な趨勢がある。国家では全部輸入品に依頼しないで広州GSKと SIASUNなどの国産製品の使用を励ましている。
従業員たちが給料と作業環境の重視に従ってたくさんの工場は生産自動化へ投資を加えている。従業員の自殺、ストライキを経ったFOXCONNではもう”三年に百万ロボット”の計画を実施した。知能化工業ロボットは製造企業がデジタル化、知能化、情報化を実現する重要要素である。だから第三工業変革を迎えて智能工業ロボットの加速発展と応用拡張が必要だ。
労働力に対して工業ロボットは本当に労働力資源を替わるのか?実は工業ロボットは簡単で頻繁な作業で使う。特に作業条件が悪い環境でロボットが人工を替わるのが最適な方法である。
労働力資源の高価と労働力資源の減少で我が国のロボットの需要量はだんだん増えて行く。しかしロボットの密度は発達した国のレベルに及ばない。ロボットがますます人工を替わっているがロボットの操作はまだ労働力が必要だ。だからデジタル時代ではまだ労働力資源へ教育を加えて中国製造から中国創造となるようにする。(インターネットから転載)

 

転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.autoagv.com/agvjqb_15252150.html


Issued date:2013年05月09日 page views:

前:タバコ業界での応用状況       次:工業ロボットが労働力市場に衝撃  工業大変革が来る

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap