• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen. PRC.

工業ロボットが労働力市場に衝撃  工業大変革が来る
今、中国は産業の転換期にあり、たくさんの企業が製造過程にAGV工業ロボットを導入した。2010年から我が国のAGV工業ロボットの需要量が増えた。2010年は2009年より需要量が1.71倍増えた。2014年の需要量は3.2万台、装置量が15万台以上になるそうだ。我が国はもう最大な消費国になった。またAGV工業ロボットの大きい市場に発展する可能性がある。

AGVが外形を牽引して溶接後次のプロセスに転換しようとする。

AGV工業ロボットは技術の進歩、システムの知能化、キット性能の高め、製造コストの下降などを実現した。AGV工業ロボットの大規模応用のために必要な技術条件を創造した。
AGV工業ロボットの応用は支柱産業の発展を促した。いろんな産業の中でAGV工業ロボットの密度の差別は大きい。国際経験から見ると、AGV工業ロボットの応用が一番多いのは自動車産業で次は電器電子産業である。例えば日本の自動車産業のAGV工業ロボットの密度は1584台/万人で世界で一番高い。次はイタリアとアメリカの自動車産業で密度は1215台/万人と1176台/万人である。自動車産業と電器電子産業は中国の支柱産業である。
デジタル製造は労働力コストの影響を減少する。OKのデータから見ると2010年に中国は労働力生産率差異を考慮して改正した後労働力コストはアメリカの30%しかない。2015年になると45%になるそうだ。AGV工業ロボットの発展地とするアメリカは60年代から70年代までAGVを重要発展プロジェクトに入らなかった。政府はロボットの発展としてたくさんの人たちが失業する問題を考慮して投資を許可しなかった。しかし日本は労働力不足でロボットが大歓迎をもらっていた。今まで発展して日本はロボットの主な地位を占めている。
現在、アップル会社とフォード会社などのアメリカ企業では部分の生産をアメリカに戻れようとする。ある話によるとこれは中国の製造企業に対して大きいチャレンジーだとする。中国はこのニュー・ウェイヴで***会を把握して我が国の工業ロボットを発展できるのは企業として考慮しなければならない問題だ。
 

転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.autoagv.com/agvjqb_15252149.html


Issued date:2013年05月09日 page views:

前:工業ロボットが迫る,労働資源の方向はどこに?       次:自動車業界での応用現況分析

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap