• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen. PRC.

欧米で
欧米では殆どの業界で搬送する場所には全部AGVを使っている。ヨロッパでは一つのレーザー誘導式後フォークリフトタイプのAGV価格は10万ユーロになる。3人のフォークリフト作業員の1年の給料に当たる(AGVは24時間連続稼働可能、3交代制に当たる)。つまり、欧米で1台のAGVに投資すると一年以内に回収することだ。企業では給料の要求とか社会保険などの悩みもないし人工コストも低い。人工コストは需要要素である、次は企業管理と物品安全に対した需要である。

だから欧米ではAGVに需要が多い。欧米と日本での発展は差異がある。欧米では自動化を求める。経路と生産プロセスが複雑ですぐ変化する。こんなAGVは***能が完璧で技術も先進的だ。モジュール化デザインを使うためにコストを下げて量産基準を高めて外観に対した追求を捨てた。シリーズ製品の範囲が広い。いろんな駆動モード、誘導方式、移載構造などがある。シリーズ製品の搭載量は50キロから60000キロに達する。(60トン)

今の搭載量はもう150トンに達して16個の駆動輪を使った。自動化コンテナ埠頭のAGVスピードはもう5m/s(18km/h)に達した。また、第三代を発展しているそうだ。時速は50km/h以上になるようだ。日本では簡易なタイプ技術(AGC-Automated Guided Cart)を採用する。求めるのは簡単で使用の便利だ。ユーザーとしてすぐ投資回収できるようにして日本と台湾の企業でよく使われている。AGCは簡単な生産応用場所と結合して搬送する。自動的な積み下ろし***能は強調しない。誘導方面には簡易なマグネチックテープ方式を使う。日本の工業の発展して生産能力はAGCに簡単な付属品を配置してコストを極限に減らした。

中国で
今、中国でAGCとAGVを製造できる企業がだんだん増えている。みんなが市場のボテンシャル見たことを説明する。我が国の各企業での自動化生産、ストレージ、搬送の推進によってAGVシステムによる需要は大きいはずだ。1979年の一人っ子政策の実施してから30年にわたって421の家庭構造がだんだん増えて(老人4人,夫婦二人,子供一人)若い夫婦は必ず家庭の支柱と社会の棟梁となっている。だから将来の人工コストは必ず高めるはずだ。(近年の労働力不足が十分に説明する)。企業は高い人口コストに対する方法は労働力を高めることだ。つまり生産自動化レベルのアップすることだ。AGVは現在で一番柔軟な自動化搬送設備で将来に必ず発展性を持っている。

中国の市場は大きい。ユーザーがAGVに対した需要もそれぞれだ。AGVの発展はもっと企業の生産管理、物流管理、プロセスとの結合に重視する。OK AGVは搭載能力が大きくて誘導方式もいろいろある。駆動形式は伝動だけではない(エンジン+油圧サーボ)。給電方式もたくさんある(CPS非接触エネルギー伝送、自動バッテリ転換、車両用エンジンなど)こんなAGVを使っている企業は簡単な搬送ではなく技術、品質などの考慮にある.
ローコストのAGCの応用は相対的に簡単だ。たくさんの企業で必要なのは材料の搬送で大部分はリズムによって搬送するから材料の消耗と時間は基本的に比例の関係がある。自動車業界、電子業界と生産ラインの企業は全部代表的だ。材料の重要時間と数量は固定的だ。だからシステム中で複雑な調整が要らない。(プロセスは固定なので先に設置した)でも走行経路は単一なのだ。AGCは最尤経路の判断も複雑な交通管理も要らない。だからコストも低い。一つのシーメンスS7-200はこんな***能を実現できる。もっと安くて簡単なのはマイクロコントローラである。コストはもっと低くなり生産企業の利益は大きくなる。国内工業の発展によってわれわれのたくさんの部品はコストを下げて応用を広くすることができる。


 

転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.autoagv.com/agvjqb_15252145.html


Issued date:2013年05月09日 page views:

前:自動車業界での応用現況分析       次:AGV技術の改善と標準化

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap