• Tel:0086-0755-2985 1810
  • Mob:0086-137 1431 6361
  • E-mail:eddie@okagv.com
  • Address:Building 14, Zhongliang Fuan Industrial Zone, Dayang Road, Fuyong, Baoan, Shenzhen. PRC.

最初の自動搬送車は1913年のフォード・モーターで車台の組立に使われた。その時の無人搬送車の憂鬱性を体現した。でも当時には軌道で誘導した。20世紀50年代中期になって1955年にイギリスでは初めで地面の誘導軌道を地下に填って磁気感応で誘導する簡易なAGVSを作った。1959年にストレージ自動化と工場作業に使った。
60年代からはコンピューターの技術をAGVシステムの管理とコントロールに応用した。AGVシステムは自動化ストレージから柔軟な加工システムと生産システムんい入って迅速な発展を齎した。AGVはアメリカで発明したがヨーロッパで速く発展して応用されて製造と組立の過程の中で一つの物流搬送設備となった。ヨーロッパの各企業ではパレットの構造とサイズを統一した。そうしてAGVの製造企業としてお客さんの要求によって頻繁的に自分の製品形式を変更しなくてもいいようになった。AGVの高効性と敏活性によってAGVシステムは工業が発達した国でたくさん応用された。スイスでは1969年に初めて物流システムでAGVを使った。1973年スイスのVOLVO会社がKALMAR自動車工場の組立ラインでたくさんのAGVを使ってコンピューターのコントロール作業を完成した。1983年に全ヨーロッパでは360個のAGVシステムで3900のAGVが働いている。1985年に生産したAGVの総数は10000台を超えた。1985年にアメリカには2100個のAGVシステムで8199台のAGVがあって30個以上の生産工場があった。日本では1963年に初めて一つのAGVを導入した。1976年後からは毎年に何十個のAGVシステムを増加した。現在には神鋼電***、平田電***、住友重***などの27個の主な生産メーカーがあって1981年の売上は60億円になった。1984年には150億円になって1985年には200億円に上昇した。
現在の移動ロボットの発展趨勢はだんだん知能化の方向によって発展する。つまり移動ロボットは複雑で未知な環境で予測できない仕事を完成するには感知***能だけでなく決定と企画能力を含まれていなければならない。こんな視覚と触覚の感知***能を持っていて自主的に運動を決定する移動ロボットは第三代知能移動ロボットである。一般的には知能ロボットは三つの基本的な***能を持っている:任務理解***能、環境理解***能、行動企画***能がある。知能ロボットは任務理解***能を通って作業任務と行動目標を取る。また環境理解***能について環境の初期条件と環境変化の情報を獲得する。行動企画***能を通して自主的に目標に到達する最適な行動方案を決定する。高知能システムを建てるためにいろんな方法を総合するのは必ずだ。例えば伝統的な人工知能技術、模糊システム、神経ネットワク、遺伝計算方法などがある。


転載しようと本文の出所を表記してください。:http://www.autoagv.com/AGVjzz_15292224.html


Issued date:2013年07月23日 page views:

前:没有了       次:AGV搬送ロボットのメリット

深センOK電子設備会社 2012-2013 版権所有 COPYRIGHT ALL RIGHTS RESRVED

アドレス:深セン 宝安区 沙井镇 萬豊大洋田工業区7棟 TEL:0755-27308651 FAX:0755-27307147 xml sitemap